top of page

焼き芋天ぷら (サツマイモの天ぷら)


焼き芋天ぷらを作って見ました。

 

 何故かと言うと、サツマイモの天ぷらって埼玉県発生だそうですが、そんな事知らずとも、当たり前に食べています。

でも、最近、物凄く甘いお芋が出回ったのです。

それは、ご存じの「紅はるか」です。


「紅はるか」の400g~500gあるLサイズの物を買ってきて、スライスして、普通に、野菜の適温の130℃で天ぷらを作っても、甘くないし、固いと言う違和感を感じてしまいます。

これは、油で揚げると言う行為が短時間の過熱で終わってしまうからだと言う結論に達したので、焼き芋を作って、出来上がった焼き芋をスライスして天ぷらを作ったら、さぞかし、甘くて、柔らかくて、美味しいサツマイモの天ぷらになるであろうと思ったのがきっかけです。


[材料]

「紅はるか」 400g~500g (Lサイズ)

天ぷら粉 

水と天ぷら粉の量は、天ぷら粉に記載されている量にして下さい。


[写真1]

大きすぎてオーブントースターに入らないので、二つに切って入れました。

大きいので、温度を高めにして、加熱時間を長くしました。

Sサイズの「紅はるか」の場合は、170℃ 15分間ずつ、回しながら、1時間でOKなのですが、大きいLサイズのお芋は、生焼けになってしまいます。

200℃で15分間ずつ、回しながら、2時間焼きました。



[写真2]

直径21.5cmのお皿に焼けたお芋を乗せたところです。



[写真3]

熱いままだと、天ぷらが上手くできないので、冷凍庫で一旦、冷凍しました。

完全に冷凍状態になったところで、室温で解凍しました。2時間で完全に解凍できました。



[写真4]

お芋をスライスして、皮をむいて並べた状態を撮影しました。完全に火が通ってお芋の蜜が滴っているのが解る出来栄えの焼き芋が出来ました。

皮ですが、無い方が口当たりが良いので、剥いてしまいました。皮は、実から、浮き上がっていますので、簡単に、手で剥けました。



[写真5]

油の温度を130℃で、冷えたお芋に衣を付けて揚げました。鍋に投入すると温度が下がりますので、火加減は、強火のまま揚げました。

完成した「焼き芋天ぷら」の写真です。



[結語]

物凄く、甘くて柔らかくて美味しい天ぷらでした。天ぷらつゆに付けて食べましたが、天ぷらつゆに付けなくても、甘くて柔らかくて美味しい天ぷらでした。

手間がかかりますが、せっかくの「紅はるか」です。

最大限に美味しさを味わいたいと思ってやって見た「焼き芋天ぷら」です。


やって見ると良いですよ。病みつきになるかもです。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国際関係の変化と日本の今後

#政治 #経済 #戦争 #平和 【世界情勢の変化】 ロシアがクリミア半島を併合しました。 これによって、ロシアが何か変な国になったと感じていました。 更に、ロシアは、ウクライナ全域を奪取すべく、戦争をしています。 そもそも、ゼレンスキー大統領が平和主義過ぎて、ロシアに所有している核兵器を全て返却してしまったのが、攻め入られる原因になっていると言う残念な結果です。 核兵器をロシアに返却する前にNat

新資本主義は、間違っている

#政治 #経済 【新資本主義は、間違っている】 新資本主義、「企業さえ生き残ればそれで良い」と言う思想は、間違っています。 企業経営のエゴでしかありません。 個人の投資家を大事にしない資本主義なんて、分けのわからない思想が間違っている。 国民主権です。 大多数の国民は、企業経営者では無いのです。 新資本主義は、たったの2000人程度しかいない上場企業の経営者だけを守る思想で、殆どの国民生活を新資本

国際関係の考察

#政治 #経済 #国際社会 【国際関係の考察】 第二次世界大戦前、「侵略戦争を行っても良い」と言うのが世界的に認められていたと信じて疑わない方たちがいます。 その方たちに言わせると、「突然、変わったんだ、世界的に、侵略戦争をしてはい」と言う思想に変わったんだとおっしゃっていますが、違います。 第二次世界大戦前も第二次世界大戦後も思想は変わっていないのです。 その思想は、「知的レベルの低い民族に対し

bottom of page