top of page

第一回 焼き芋

更新日:2020年12月15日

おいしそうに焼き芋が焼けました。

使った、芋は、茨城県産の紅あずまです。

レシピは、インターネットで調べて料理してみました。

温度調節機能はありませんが、サーモスタット付きのオーブントースターで調理しました。


お芋は、4本 198円の茨城産 紅あずま 価格は、2020年1月頃の価格です。


お芋を水で洗います。

濡れたまま、アルミホイルをぴったり、くっつけてお芋に巻きます。

巻く時に、お水をアルミホイルとお芋の間に、少々、入れました。

意外と、お水がこぼれずにアルミホイルを巻く事が出来ました。←お水をアルミホイルとお芋の間に、少々、入れると言う段取りは、僕の考えで、水をいれました。インターネットで調べたレシピには記載が無い部分です。水を入れる必要ないかもしれません。煮てしまう行為になるからです。焼き芋ですからね。でも、焦げるのを防止する為に入れました。


お芋の汁が垂れるのを防止する為に、アルミホイルを網の上に敷きます。


片面5分、

お芋を転がして、反対側、5分、

次に、お芋の位置を45度を転がして、15分、

お芋を転がして、反対側、15分、


爪楊枝でアルミホイルの上からお芋を刺してみたら、ちょっと、ゴリっと言う感じが有ったので、お芋を45度転がした位置に変更して、更に、15分焼きました。


見事に、焼き芋が完成しました。

以下の写真が出来上がった時の写真です。


インターネットのレシピには、そのまま、余熱で焼けるので、少し冷めるまで放置する事と書かれていたので、その通りにしました。


以下の写真がお皿に盛った焼き芋です。

おいしそうでしょう。

食べて、納得しました。

昔、母親がふかし芋にして食べさせてくれましたが、やっぱり、焼いた方がおいしいと実感しました。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国際関係の変化と日本の今後

#政治 #経済 #戦争 #平和 【世界情勢の変化】 ロシアがクリミア半島を併合しました。 これによって、ロシアが何か変な国になったと感じていました。 更に、ロシアは、ウクライナ全域を奪取すべく、戦争をしています。 そもそも、ゼレンスキー大統領が平和主義過ぎて、ロシアに所有している核兵器を全て返却してしまったのが、攻め入られる原因になっていると言う残念な結果です。 核兵器をロシアに返却する前にNat

新資本主義は、間違っている

#政治 #経済 【新資本主義は、間違っている】 新資本主義、「企業さえ生き残ればそれで良い」と言う思想は、間違っています。 企業経営のエゴでしかありません。 個人の投資家を大事にしない資本主義なんて、分けのわからない思想が間違っている。 国民主権です。 大多数の国民は、企業経営者では無いのです。 新資本主義は、たったの2000人程度しかいない上場企業の経営者だけを守る思想で、殆どの国民生活を新資本

国際関係の考察

#政治 #経済 #国際社会 【国際関係の考察】 第二次世界大戦前、「侵略戦争を行っても良い」と言うのが世界的に認められていたと信じて疑わない方たちがいます。 その方たちに言わせると、「突然、変わったんだ、世界的に、侵略戦争をしてはい」と言う思想に変わったんだとおっしゃっていますが、違います。 第二次世界大戦前も第二次世界大戦後も思想は変わっていないのです。 その思想は、「知的レベルの低い民族に対し

Comments


bottom of page