DLLの親友

DLLのしんゆう

サイト内検索

「DLLの親友」の紹介

ダイナミックリンクライブラリーのDebug時のコピーペースト処理の煩わしさを軽減します。

ヘッダーファイル(*.h)やライブラリーファイル(*.lib)やダイナミックリンクライブラリー(*.dll)を所定の位置にコピーする機能が、Visual Studio2022 Communityには、付属されていません。

その為に、Debugする度に、手動で、ヘッダーファイル(*.h)やライブラリーファイル(*.lib)やダイナミックリンクライブラリー(*.dll)を所定の位置にコピーす手間がかかります。

この大変な作業から、解放されます。特に、外部ダイナミックリンクライブラリーを作成した時のDebugが大変なのです。

​本ソフトウェアは、ダウンロード版のみの販売となります。パッケージ版は、販売しておりません。

 

ベクター株式会社のWebサイトからダウンロードしてご購入をお願いいたします。


公開サイト https://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se524343.html


株式会社ベクターで販売中のソフトは、ダウンロード版ですので大変お求めやすい価格になっています。

「DLLの親友」の起動画面

DLLCopy起動画面_HP.jpg

「DLLの親友」の処理中の画面

DLLCopy処理中の画面_HP.jpg

「DLLの親友」の使い方

本ソフトウェアは、ダイナミックリンクライブラリーをDebugする時は、常に起動させてお使いになる事をお勧めします。

Debugして、ダイナミックリンクライブラリーを書き換える度に本ソフトウェアを起動すると言う使い方を想定して作っておりません。

一度も処理せずに、本ソフトウェアを終了すると指定したファイルやフォルダーの情報が全て消えてしまいます。

その為、起動させる度に、ファイルやフォルダーを指定しなければならなくなります。

一度でも処理を実行すると次回は、ファイルやフォルダーの指定が記録されるように作成してあります。